軽いヘルニアで即入院!説明もなくいきなり手術になりそうで病院を脱出!

唐突な激痛で歩けない!病院で診察したら軽いヘルニアと診断された

もともと腰痛持ちではあったが、その日出勤しようと家を出て数歩歩いた時に、何もしていないのにいきなり腰に激痛が走って歩けなくなってしまったのでした。

仕方がないのでその日は会社には行かず、家族に送られて病院に行く事になったのです。

で、なんとか車の助手席に腰を沈め安静にして市立病院に着いたのですが、駐車場から病院の入り口まで50メートルくらいあったのです。

家族が「歩けるか?」って聞いてきたので、その時は歩けるような感じだったので、「大丈夫」と言って、そろりそろりと歩き始め最初は病院の入り口まであるけそうだったのですが、なんと駐車場の出入り口の真ん中の所で、またまた一歩も歩けなくなってしまいました。

「歩けないなら、最初からそう言えば良かったんだよっ」と家族に叱られ、車の渋滞を作ること10分、家族がどこからか調達してきた車椅子に座らせられ、ようやく受診となったのでした。

診察は軽いヘルニアということで、即入院となりました。

痛み止めを打たれ、やれやれ、これで少しは楽になるだろうと思ったのですが、そこは大部屋で私よりももっと重い人がたくさんおりまして、なんだかとても辛そうにしていました。

会話も当然そんな感じで、テンションはどんどん沈んでいきました。そして、夜、なんと隣から「痛い、痛い~」といううなり声が、聞こえてきました。

そこで朝になって隣の人にどうしたのか聞いてみますと、「ヘルニアの手術をした」と言うのです。

はあ、ヘルニアの手術って、術後もこんなになっちゃうんだな~、早く良くなるといいですね~と思っていたのですが、これが毎晩のように聞こえてきます。

そして、少したって私の腰の痛みも軽減してきた頃、看護師さんに連れられて「検査室」という所に行きました。

看護師さんは私の耳たぶを切って、なんだか時間を計っていました。

こんな事は初めてだったので、「これ、何の検査ですか?」って恐る恐る尋ねたところ、「血が止まる速さを計測しています」っていうのです。

「ええっ、私って、もしかして手術の予定があるんですか?」って看護師さんの顔を見ると、あっさりと「知りません、先生にこの検査をするように言われているので。先生に聞いてください」と言うのです。

そこで主治医に聞こうと思って、「先生はどこですか?」って聞くと、「今、手術中です。今日は3件手術があるから、話せないでしよう」と。

ああ、この先生、よっぽど手術が好きなんだって思いました。

その時、私の脳裏には、夜な夜な「痛い~」と横たわってうなっている自分の姿が浮かびました。

それで翌日になって、先生が往診に来た時には、すごく明るい顔で「なんだかもうすっかり治っちゃいました、ほら、こんなふうに」って、軽やかにステップを踏んでみました。

もちろん痛みをこらえてですが。

先生はしきりに首をかしげていましたが、でも、それで無事病院を脱出することが出来ました。

家に帰って、しばらく家族に迷惑をかけながら安静にしていましたら、良くなりました。

やれやれです、皆さんも気をつけてくださいね。

直敷きタイプの低反発マットレスにこだわっている理由とは?

猫背気味の体には低反発マットレス!快適な安眠を取り戻した!

ここ5年以上愛用している自室の低反発タイプのマットレス。

他の硬さのマットレスもそれまでに一通り利用し試してきたものですが、強いて言うなら猫背気味と言っても良い位にカーブがきつい私の背骨や背中には硬過ぎる高反発マットはストレスにしかならず、毎朝首筋の軽い寝違いや肩口の痛みに悩まされていたもの。

それを6年ほど前に現在の低反発マットに交換してからは、それまでの苦しさが嘘の様に痛みや寝違いが収まり、それに伴い安眠時間も2時間以上伸びたのでした。

適度に沈み込み、身体の周囲から軟らかく包み込んでくれる感触が最高に気持ち良かったこのマットレスでしたが、少々乱暴に扱ってきたせいか、最近になってそのクッション性にも若干の衰えを感じる様になり、そろそろ買い替えも視野に入れなければならないかな、と思う様になったのです。

幸いにも私は固定したベッドを持たず、基本的に部屋に直に敷き布団を敷いて寝るタイプでしたから、必ずしもベッドの寸法にきっちりサイズを合わせる必要はありませんでした。

それこそ多少大きい面積でも布団をしっかりカバーしてくれればそれでOK、またうつ伏せ寝が好きな私ですから、その様な体勢でも無理無く呼吸しつつ熟睡出来る軟らかさを希望していたのです。

まあそうなれば候補として厳選されるのはやはり軟らか目の低反発マットレスという事になり、その点マットレスのタイプ選びで悩む事は殆どありません。

あえて言えば布団や部屋の色調にあったカラー選び、という事になるのでしょうが、そもそもカラーコーディネートに関して私は全く無頓着であり、それこそ適当で大丈夫だったのです。

ちなみにコイルスプリング入りの本格的なマットレスは私にとって論外でした。

前にも書いた様にベッドで寝るタイプでは無く、またいざ破損したり古くなったりしたそれらのタイプの処分の面倒臭さや苦労を周囲から聞き、知っていたからです。

求めたいタイプの低反発マットレスなら、古くなっても最悪細かく切り刻んで普通のゴミとして処理する事さえ出来るでしょう。

また内部に金属製のコイルを仕込んでいない分、自力での解体や処分も楽なのです。

そんな訳でようやく先日、寝具の品揃えが良い郊外のホームセンターや家具量販店を幾つか周り、候補となるマットレスの下見を行ってきました。

所によっては今後間を置かず新商品が出るという事を聞き、焦らず最終的な判断を下そうと思った次第。

また今度はずっと興味を持ってきた同じ素材の抱き枕も一緒に購入してみようかと検討しています。

著しい安眠効果のアップは無いかも知れませんが、楽しみです。

腰痛が悪化する前にストレッチを!大事なのはマイペースにやること!

無理してストレッチすると悪化するので、自分の状態を見ながら実践しよう

腰痛にはストレッチが効果を発揮しますよ。ひどい腰痛の場合はストレッチも難しいかもしれませんね・・・。

そういう状態の人は腰痛を悪化させないためにも無理なストレッチはやめる方が良いでしょう。

無理をしないということであればストレッチは大切で、痛みがあってもむしろ筋や筋肉を伸ばす方が腰痛は楽になります。

腰痛の種類も人の数だけありますし痛みだって様々ですね。

みんなが同じように腰痛を感じるはずありません。

腰痛がよくなるように行っていることも人の数だけあるでしょう。

私の場合は腰痛が悪化しないように腰痛予防と防止のためのストレッチをしています。

ほぼ毎日のストレッチになりますがまったく辛さは感じません。

毎日ストレッチをするとなると場所はどうするんだとか、どんなストレッチを何分間やれば良いのか質問する人がいます。

ストレッチをあまり経験していないお年寄りや運動が苦手な若者がこうやって質問してくることが多いです。

そんな時私は「マイペースで気持ちが良いと思う範囲で、腰のあたり、それから膝の裏あたりまで伸ばしてみて」と言っています。

膝の裏あたりの筋は案外硬くなっていてこれが腰痛に関係している場合があります。

膝の裏を伸ばすと太ももの後ろ側も伸びてきます。

膝を後ろに突き出しすぎると膝を痛める原因になりかねないので、膝を伸ばすときは膝裏がスッと伸びるところまでで充分。

それ以上膝を中に入れて膝裏を突き出すようにしても筋はたいして伸びません。

膝裏をぴんと伸ばす意識ができてからゆっくり前屈していきます。

これは息を吐きながらゆっくりゆっくり・・・。

息を吸うと身体に力が入ってしまって筋や筋肉硬くなります。

筋や筋肉を柔らかくするためには息をはーっとちょっと大きめに吐いてみる。

はーっと言ったって良いですし、言わなくても息を口から気持ちよく出せば良いです。

倒せるところまで身体を前屈したら少しの間その体勢でキープ。その間は息を吸ったり吐いたり自然呼吸を続けると良いですよ。

痛みがあったり早く伸ばそうと息を止めがちになると身体が伸びません。

息を上手に吐くことを意識して上手に息を吸います。

できればその姿勢のまま30秒くらい体勢を維持して。

これを繰り返すだけでも不思議なことに腰痛が和らぐのです。

腰痛は気の持ちようでどうにかなる問題ではありません。

だから痛くなる前に上手にストレッチしてみませんか?

慣れるとどこでもストレッチすることができますよ。

ベッドを購入してから腰がだるく、痛みを感じるようになってしまった

いつもシングルの普通のベッドで寝ています。

マットレスもベッドを購入した時についていたものをそのまま使用していました。

ベッドを購入する時も特に横になって試すわけでもなく手で押して硬さを確かめる程度の確認です。

その場で何時間か眠れれば良いのですがそんなことも出来るわけもなく値段とサイズで決めました。

ものとしてはそんなに安物と言うわけでもなくそれなりに良いものだと思います。

ですが数日使用しはじめてから朝の寝起きに腰に違和感を感じるようになりました。

痛いとまではいかないのですが何か動きに違和感を感じるのです。

この時点ではあまり重要には考えずにさらに数日使用しました。

すると腰の違和感がだんだんとひどくなり痛みを感じ始めました。

今までは起きて歩きはじめると違和感がだんだんと収まってくるという繰り返しの毎日でしたがある日を境にその痛みは和らぐこともなく悪化していきました。

何が悪かったのかその時点では気づくこともなくただ悩んでいました。

ふっと考えて生活の中での変化と言えばベッドを変えたことと気づきどうするか考えたのですが何も浮かばずネットで腰の痛みについて検索しその原因を探しました。

行きついた答えは枕とマットレス。

誰でも思いつくようなことですしまだ購入して間もない新しいマットレスなのでそこに原因があるとは少しも考えませんでした。

枕に関しては前に使っていたものをそのまま使っているので問題ないと思いマットが原因と判断し対策を考えました。

まずはじめに使用してみたのは低反発のマットレスです。

これは認知度も高くどこのショップでも扱っていてすぐに試すことが出来ました。

値段も高いものから安いものまであり名前の売れたメーカーのマットレスはやはりお高いです。

他のメーカーのものとさわり比べてみたのですがその差はあまり感じられませんでしたので中間のグレードのものを購入し早速その晩から試しました。

朝起きると何となく腰の痛みが軽減されているように感じられ一日では結果は出ないと思いましたので1週間は黙って使ってみようと決めました。

この腰の痛みは何日もかけて出てきた症状ですから当然ですね。

結果かなり腰の痛みは軽減されたのですがそれ以上悪化することもなくと言う状態でその先は何の変化もなくなりました。

寝心地は決して悪くないのでそのまま使い続けても良かったのですが、もっと改善できるのではと欲が出てきました。

そこで次に購入したのがネット検索で見つけた高反発マットレスなるもので単純に説明も低反発の逆で体を高反発で支えるマットレスだとのこと。

2日後には自宅に届きその晩から使用開始です。

ちなみに触った感じは低反発がただ堅くなった感じで特に大きな違いは感じられませんでした。

翌朝、目覚めてすぐに感じました。

腰が全く痛くないのです。

新しいベッドを購入してから約2カ月くらいは立つでしょうか。

この日やっと腰の痛みから解放されました。

個人の感想なのですべての方に効果があるとはもちろん思えませんが私にはピッタリだたのだと思います。

高反発マットレスの効果は私の体が証明してくれました。

それからはこの高反発マットレスを使い続けていますがとても快適で今も腰の痛みとは無縁で良い眠りにつけております。

腰痛で悩んでいるならヨガを試してみよう!オススメはスポーツクラブ

プロのインストラクターがいるスポーツクラブなら腰痛でも安心!

腰痛で困っているならヨガを行ってみてはどうでしょうか・・・。

必ずヨガをしなければいけないというのではなく「腰痛の状態を和らげることが可能かもしれませんよということです。

ヨガは最近あらゆるところでインストラクターが教えていますよね。

公民館でも月に何度かヨガのクラスを開催しているところも多いかと思います。

ヨガを行える場所はまだまだあります。

調べることは簡単ですよね・・・今の時代はインターネットがあれば地元のどこでヨガ教室が開かれているか分かりますよ。

大きなスポーツクラブではヨガのクラスがあるはずなので入会してみても良いですね。

大きなスポーツクラブならいろんな人が集まっているので腰痛に悩む人の話が聞けるでしょう。

腰痛友達を作る場としてもスポーツクラブは良いと思いますよ。

高齢者も若い人にはまだ負けないと一生懸命通っています。

身体の不自由な人も、関節にボルトが入っている人も、腰が曲がっているおばあちゃんも運動するために通っています。

どうしてもスポーツクラブに偏見があるならどこか他の場所を探すと良いですが、スポーツクラブには身体のことに詳しいスタッフが揃っています。

何かあってもちゃんと対策を考えてくれますよ。

スポーツクラブは元気な人だけが通う場所ではないですからね・・・。

勘違いしやすいのはスポーツクラブだけではありません、ヨガも身体が柔らかい人がやるスポーツだという先入観やイメージがあると思います。

いつからヨガのイメージがそんな風になってしまったのか分かりません。

でも確かにヨガに対して敷居が高いと思っている人は少なくないようです。

ヨガは誰にでもできる運動です。

身体が硬くても柔らかくても、10代の若者でも90歳のおばあちゃんおじいちゃんでも誰でもできる運動ですよ。

腰痛持ちの人もヨガを行った方が良いと思うのはとことんヨガはマイペースを貫き通せるからなんです・・・。

お隣の人や前にいる人を見てすごいな~とか身体が柔らかくて負けちゃうなんてそんなこと微塵も気にしなくて良いのです。

腰痛持ちであればスタジオに参加する際インストラクターに一言伝えておきましょう。

たった一言でも伝えるとインストラクターはその人を気にかけてくれますよ。

ヨガの最中も隣で補助してくれたり教えてくれますから何の心配もいりません。

もちろんできないポーズの時はマットに寝っ転がっていて良いので腰痛が出たら無理をしないで横になってしまいましょう。

腰痛があるなら筋肉を鍛えよう!根本を改善することで腰痛対策!

腰痛を簡単にどうにかする方法は今の医学では見つかっていないのでしょう。

軽い運動をすれば状態がよくなる、腰痛が進行しないという話はよく聞きますが、これをすれば腰痛がぴたりと治まるという話は聞いたことがありません。

腰痛の専門家でも腰痛に悩む時代です。

この超高齢化社会の中で腰痛になることなく生涯を終える人は幸せ者かもしれませんよ。

腰痛は本当にやっかいな症状でして・・・。

ぎっくり腰の痛みと比較すると腰痛はそれほどでもないだろうと思われるでしょう・・・。

でも腰痛の習慣があり動く度に痛みが走り、座るにしても立つにしても何かする度にジンジンチクチク痛むのではやっていられないのです。

いっそのことぎっくり腰になって根本から治療した方が良いのでは?

なんてバカなことを考えたことがありますが、ぎっくり腰にはなりたくないと今なら思います。

腰が弱い人は腰の周りを鍛えると良いですね。

筋肉がしっかり骨を支えられている状態を作ると腰痛は起りにくくなります。

というのは、頑丈な筋肉がお腹周りと腰回りのコルセットとして頑張ってくれるからなのです。

コルセットがあれば使うと良いですが、オススメは自分の筋肉を鍛えてその筋肉で腰痛にならないように身体を守ることです。

お腹と背中それから腰回りの筋肉は誰でも鍛えられますよ。

立ったまま鍛えることもできます。

その方法の一つはスクワットですね・・・。

スクワットを知らない大人はいないでしょう?

両足を腰幅くらいに広げて膝を曲げながらダウンします。

このとき息を吐くと更に良いですね。

呼吸って思っているよりもずっとずっと大切なんですよ。

息を吐きながら腰をゆっくり落としていくのですがそのときお尻を極端に突き出さないように。

お尻周りをストレッチする場合お尻を後ろに突き出しても良いですが、筋肉を鍛える場合はお尻を突き出さずできるだけ真下に向けてお尻を落としていくのです。

息を吐きながらお尻の尾骨が床に対して垂直になるのをイメージして腰を落とせるところまで落としていきます。

これができたらあとはゆっくり腰を上げていくだけ。

もちろん膝を伸ばすんですよ。

これもできるだけゆっくりやる方が筋肉の負荷が大きくなって筋肉が強くなります。

膝は伸ばしきらないように。

時々膝がパキッと鳴るひとがいますがパキッと鳴らない程度に膝を伸ばせば充分。

これを意識してただスクワットを繰り返します。

浅めのほうが楽なので無理しない程度に行いましょう。